横浜さがみ幼稚園の預かり保育
  • 横浜市型預かり保育
  • 時間外預かり保育

横浜型預かり保育を実施

横浜市では、保育所待機児童解消と地域の実情に合わせた保育への対応を目的とした「横浜市型預かり保育」という取り組みを推進しております。
横浜さがみ幼稚園でも、横浜市より認定を受け「横浜市型預かり保育」を平成18年度より実施しております。


横浜型預かり保育
(わくわく!はまタイム)のこと

当園では、平成18年度より上記のお預かり保育を実施しています。
この預かり保育は、横浜市内在住で、お仕事や介護などをされている保護者の方を対象に、夏休み・冬休み・春休みの期間中も行っております。
(平日の朝7:30~18:30、土曜日の朝7:30~15:30※但し利用者がいない場合は休園)
詳しくは、直接園までお問い合わせください。
*この制度は、横浜市在住の方で利用規定を満たした方が対象となります。
*月の就労等時間数が64時間以上の方は、1号認定(法第19条1号認定)と併せて
 “施設等利用給付認定”2号/3号認定(法第30条の4 2号/3号認定・以下、新2号/
 3号認定)を取得していただきます。
 (※3~5歳児は2号認定、非課税世帯の満3歳児は3号認定)
*横浜型お預かりは、令和元年10月から開始の「幼児教育・保育の無償化」の対象事業の
ため利用料はかかりません。(但し、満3歳児で市民税“課税”世帯の方は、無償化対象外の
 ため利用料がかかります

*お預かり保育の従事者数と利用者数によっては、横浜型お預かりを希望されても利用を
 お待ちいただく場合があります。予めご了承ください。
  (保育園及び小規模保育所からの優先者を除く)
令和3年度に横浜型お預かり利用希望の方のみ、同封しております
 “令和3年度 横浜型お預かり利用希望者 質問票”を、11月1日の願書受付の際に
 必ずご提出をお願いします。

横浜型預かり保育登録者以外のお預かり保育のこと

横浜市外在住の方で、保育の必要性があると認定(新2号/3号認定(法第30条の4 2号/3号認定))を受けた場合は、下記、時間外一時お預かりの利用範囲で、3~5歳児(2号認定)は月額上限11,300円、満3歳児の非課税世帯等(3号認定)は月額上限16,300円(いずれも1日上限450円)としてお預かり保育の利用料がかかりません。(この場合は事前申請が必要です)


一般時間外一時お預かりを実施

横浜さがみ幼稚園では、諸事情で降園時間にお迎えに来られないご家庭の為に上記の「横浜市型預かり保育」とは別に降園時間以降にお子さまをお預かりする「時間外一時お預かり」を実施しております。

一般(在園生)時間外一時お預かりのこと(定員制)

ご父母の方々の都合で、降園時間にお迎えにこられない方のために、上記の横浜型預かり保育とは別に、園でお子さまをお預かりする「時間外一時お預かり」を行っています。
尚、ご利用は通常保育日と長期休業期間中の平日となります。
*定員制のため、キャンセル待ちとなることがあります。予めご了承ください。
〈通常保育のある平日(月~金曜日)〉
◎時間:14:30~18:30(半日保育の場合は11:30~18:30)
◎料金:30分 150円
〈夏(お盆期間を除く)・冬・春休みの長期休業期間で横浜型お預かり開園時の平日(月~金曜日)〉
◎時間:7:30~18:30
◎料金:14:00まで一律1,000円/それ以降は30分毎150円です。

詳しくは、直接園までお問い合わせください。